お金をかけずに撮影するジュエリー写真

家にあるモノを駆使して美しい写真を撮影しよう!

当ブログはプロモーションが含まれています

【撮影初心者】ジュエリー写真で使う撮影道具は基本3つだけ

 

何かを撮影するには、少しだけ道具が必要です。

それは、撮影対象を綺麗に撮影するための道具です。

 

ネットでも沢山の「撮影用道具」が売っています。

「これがあれば、誰でも簡単に綺麗に撮れる!」

みたいなの道具。

 

撮影用ボックスとか、照明とか、レフ板とか、背景とか。

撮影対象が大きい物なら、そういった道具の購入も必要になるでしょう。

 

でも、撮影対象がジュエリーのようにとても小さい物の場合は、家のにあるものでも十分に対応可能です。

 

必要なものは、

  1. 卓上照明 = 照明
  2. 白い箱 = 撮影ボックス&レフ板替わり
  3.  = レフ板替わり

の3つ。

 

それぞれの道具について、私の使っているものを解説していきます。

 

 

  

<ジュエリー撮影用道具>照明器具は卓上照明で

照明用

この卓上照明が、私が普段使う撮影用の照明器具です。

 

古いです。

 

national

 

年代を感じるNational製の卓上照明! 

古くても、LED照明でなくても、良いんです。

明るく光るならそれが照明です。

 

家に卓上照明がない!

そんな場合は、日光を利用することも可能です。

 

朝の撮影、昼の撮影、夕方の撮影。

晴れの日の撮影、曇りの日の撮影。

自然の照明による撮影は、その瞬間にしか取れない奇跡の一枚が撮影できることもあります。

 

f:id:himmelan:20200103202910j:plain

例えば、この写真は昼間の太陽光のみでの撮影です。

ね、いけるでしょ?

 

<ジュエリー撮影用道具>撮影用ボックスは白い箱

box,photo

背景を何にするかはさておき、私は基本的に撮影では写真のような白い箱を使用しています。

 箱に必要なことは、以下の3点。

  1. 白い箱であること
  2. 一辺が20~30cmはあること
  3. 3面が白いこと

 

これが揃っていると、大体OK。

 

白い箱であること

箱の色は白。

巷で売っている撮影ボックスも、内部は大抵白ですよね。

なので、私も白い箱を使います。

 

写真の箱は撮影がしやすいように一部手を加えていますが、元はただの白い段ボール箱

ネットショッピングで化粧品を買った時の箱です。

 たまたま白い箱で届いたので、以降この箱を愛用しています。

 

それ以前は、普通の茶色い段ボール箱でした。

段ボール箱内側にA4のコピー用紙を張り付けて、白い箱に加工していました。

 

つまり、内側が白い箱なら何でもいいんです。

 

一辺が20~30cmはあること

箱は、そんなに大きくなくても良いです。

先程の箱の大きさは、以下の通り。

size,box

 

小さすぎると白背景以外の部分が写真に写るので、この箱程度の大きさは必要です。

逆に大きすぎると、保管するのが邪魔

 

なので、大体一辺が20cm~30cmくらいの箱が一番いいですね。

 

3面が白いこと

下1面」と「側面2面」の合計3面を白で囲う箱が良いです。

販売されている撮影用ボックスは、撮影する面(カメラのある面)以外の5面を白で覆っていることが多いです。

でも、実際撮影するならそこまで囲わなくても良いし、そんなに囲うと撮影しにくいです。

 

photo

 

 実際の撮影時の配置が、これです。

箱の向きはその時によって変わりますが、基本の位置はこれ。

 

あまり囲い過ぎると撮影対象物を動かしにくいし、撮影途中で背景変えるのも大変

これくらいオープンな方が、作業しやすいです。

 

でも、実はあまり囲わない最大の理由は、別にあります。

それは「真珠」の撮影で問題があるから。

 

真珠を美しく撮影するには、「真珠に何を映り込ませるか」がキーワード。

特に、あこや真珠のような白系の真珠の場合、周囲を真っ白で覆うと真珠に白が映り込んで全然綺麗に見えない

ある程度色のある反射物を用意してあげないと、最高級の真珠もイミテーションにしか見えなくなるんです。

正直、ジュエリー撮影で一番悩むのが、真珠の撮影なんですよね。

 

<ジュエリー撮影用道具>鏡は2つあると便利

mirror


鏡は、影を飛ばしたりジュエリーを煌めかせたりするのに使用します。

出来れば卓上鏡手鏡の二つある方が、便利です。

 

また、鏡そのものを背景として使用することもあります。

ダイヤモンドや色石(ダイヤモンド以外の宝石)をルース(1石の石として)撮影する時は、鏡を背景にします。

ジュエリーも、鏡の上で撮影すると不思議な印象の写真になります。

 

<ジュエリー撮影用道具>セッティング

 では早速、道具をセッティングしていきましょう。

先程の写真の通りですね。

 

f:id:himmelan:20200512092417j:plain

 ★の位置に、撮影したいものを置き、右に照明、照明の反対側に鏡。

これが、私の基本スタイル。

 

この状態で撮影したのが、こちらの写真です。

 

f:id:himmelan:20200512235114j:plain

画像加工無し

 

これを、無料の画像加工ソフトでちょっと加工すると、こうなります。

f:id:himmelan:20200512235118j:plain

何故パインアメを撮影したかはさておき、綺麗に撮影できてませんか?

何故パインアメを撮影したかはさておき。

 

ジュエリー撮影には3つの道具があれば十分撮影できる

お金をかけずに撮影する。

その為に準備するのは、次の3つの道具だけです。

 

  1. 卓上照明、なければ太陽光
  2. 白い箱。条件は、<1・白いこと><2・一辺は20~30cm><3・白い面は3面あること
  3. 。複数あるとなおよい

 

これだけの道具があれば、大体撮影が出来ます。