お金をかけずに撮影するジュエリー写真

家にあるモノを駆使して美しい写真を撮影しよう!

【刻印の世界No.1】ジュエリーの刻印って可愛い

いつもブログを書いているPCが、壊れました。

10年のお役目、ご苦労様でした。

 

新しいPCは、様々な都合により、6月中頃に手に入る予定。

それまでは、仕事用PCやスマホなどを駆使して更新します。

 

そこで、今回から写真とは違う話題を始めてみようかな、と思います。

 

ジュエリー刻印の世界

 

ジュエリーの写真を撮影していると、なんだか気になるんですよね。刻印。

 

 

刻印とは

 

f:id:himmelan:20210115164813j:plain

 

リングの内側や、ペンダントの裏側などに、小さな文字を見たことはありませんか?

肉眼で読み取るのが難しいほど極小で、ジュエリーの目立たない位置に刻まれたそれが、ジュエリーの刻印です。

 

刻印された文字は、ジュエリーに関する様々な情報。

使われている金属の種類、宝石の石目(重さ)、ジュエリーを作った会社のマーク、他にも様々なことが打刻されています。

結婚指輪だと、2人のイニシャルや記念日を打刻する(刻印を入れること)ことが多いですよね。

 

こんな風に、刻印はジュエリーに色々な情報を記載するためのツールなんです。

 

刻印って可愛くないですか?

 

f:id:himmelan:20200910221646j:plain

  

私は仕事上、毎日のように刻印を目にしています。

で、刻印をいっぱい見ていると、だんたんと愛着が湧いてくるんです。

 

ジュエリーの目立たない場所、または着用すると見えない場所にひっそりと打刻

まるで、かくれんぼでもしているかのように打刻

ジュエリーが繊細になる程、小さく小さく打刻

 

刻印って、健気でしょう?

それに、職人技も感じませんか?

あれ? 私だけ?

 

繊細な刻印

 

f:id:himmelan:20210429162118j:plain

 

上の写真は、私物のリング型のチャームです。

当然、指ではなく、チェーンに通して使います。

 

ご覧の通り、とっても小さいアイテム。

リングの幅は1mmありません

ですが、こんなに小さくても、立派なK18のアイテムです。

 

このチャームの刻印は、ここにありました。

 

f:id:himmelan:20210429162122j:plain

 

こんなに小さいのに、しっかりと打刻されている!

職人さんの仕事に、脱帽です。

 

ジュエリー刻印の世界を楽しむ

 

f:id:himmelan:20210201110725j:plain

 

ジュエリーの刻印の奥深さは、底なしです

古いジュエリーにだけ見られる刻印。

そのメーカー独自のフォント(というか、文字の癖)を使用した刻印。

 

刻印を見れば、ジュエリーの情報以外にも、様々な事がわかります。

 

そんな刻印の世界を少しでも楽しめるように、これから色々な刻印を紹介して行きたいと思います。