お金をかけずに撮影するジュエリー写真

家にあるモノを駆使して美しい写真を撮影しよう!

【写真No.24】クリアファイルを利用した写真背景の作り方

今回撮影した写真は、こちらです。

 

f:id:himmelan:20210620232029j:plain


ゴールド背景に、ゴールドリング。

つるつるとした床面に、うっすらとジュエリーが反射している写真です。

 

通常、このようなツルツルした面を持つ背景は、特別な道具(プラスチック板など)を購入しないと撮影できません。

 

 

でも、今回も何とか身近なもので、プラスチック板風の背景を作成することに成功しました。

 

使ったのは、100均アイテムなんですよ。

ちょっとした工夫で、何とかなるものですね。

 

使用した道具は、四つ切画用紙、卓上照明、ペンライト、卓上鏡、手鏡、カラークリアファイル

f:id:himmelan:20210620232517j:plain

 

撮影道具は、このような感じです。

 

ペンライトを使用したのは、ちょっと光量が足りないと感じたから。

今回は被写体となるジュエリーの右側に、小さなダイヤモンド(メレダイヤモンド)があり、その部分を輝かせるためにペンライトの光を当てています。

卓上鏡は照明の反対側に据え置き、手鏡は自由に光が当てられるように手で持って撮影をしています。

 

そして、真ん中のゴールドカラーのシート

これが今回の主役、カラークリアファイルです。

 

カラークリアファイルで光沢のある背景を作る

 

f:id:himmelan:20210620233139j:plain


今回、背景に使用したのはこちらの100均アイテムです。

カラークリアホルダーと書いていますが、つまり、色のついているクリアファイルのことです。

 

5色10枚入り、100円。

ダイソーで購入しました。

 

いろいろな色があるのですが、この中の2色・3枚を使用し、ゴールド背景を作り出していきます。

 

 

 

そうです。

2色のクリアファイルを、計3枚使うんです。

 

1枚のクリアファイルだけでは薄すぎる

 

f:id:himmelan:20210620233718j:plain

はじめは、黄色のクリアファイルを一枚だけ使用して、撮影しようと考えていました。

 

ところが、クリアファイルは色がとても薄い。

一枚では全然ゴールドに見えません。

黄色にすら見えない。

 

半透明だから、色が薄く見えるのかな?

そう思い、試しにA4コピー用を挟むと、更に色が薄くなってしまいました。

 

クリアファイルはもともと2枚が重なっている状態なのに、間に白紙を挟めば1枚だけになる。

色が薄くなって当然ですよね。 

 

そこで考えたのが、黄色のクリアファイルの2枚重ね

黄色が2枚なら色が濃くなるはず!

 

f:id:himmelan:20210620234729j:plain

 

重ねた結果、色は濃くなりましたが、鮮やかな黄色になってしまいました。

全然ゴールドに見えない、ポップなカラーの出来上がりです。

 

黄色のクリアファイルだけでは明るすぎる

 

黄色を二枚重ねても、重厚感あるゴールドカラーは再現できませんでした。

これでは鮮やか過ぎて、背景がチカチカしてしまいます。

 

もっと黄色に深み、渋みを出したい。

つまり、暗い色を挟めば良い?

ということで、黄色の一番内側に青色を追加してみました。

順を追って、色の変化を見てみましょう。

 

f:id:himmelan:20210620235141j:plain

 

黄色1枚だけ

黄色2枚重ね

2枚の黄色の内側に青を重ねる

 

どうでしょう?
色が随分落ち着いたと思いませんか? 

これなら、ゴールド背景と言っても大丈夫な色合いですね。

 

また、厚みが増したことで、クリアファイルに光沢も出てきました。

このように光沢ある面になれば、プラスチック板のように被写体を反射してくれます。

 

色も、光沢も、丁度良い仕上がりになりました。

 

 

クリアファイル背景は反らせることができる

 

クリアファイルが背景用として優れている点は、他にもあります。

それは、クリアファイルの柔軟性

実は、柔らかく曲げられる素材であることは、背景用の道具には必須の条件なんです。

 

今回の写真は、真上からの撮影ではなく、カメラを低い位置に置いて撮影してました。

そのため、背景を反らせず床面に置くと、仕上がった写真の背景が切れてしまいます。

 

分かりにくいので、図にしました。

f:id:himmelan:20210621235014j:plain

 

この状況で撮影した写真は、こうなる場合が多いです ↓

 

f:id:himmelan:20210621170406j:plain

 

写真上部、背景が切れてますよね。

これを防ぐためには、背景を反らさなくてはいけません。

 

f:id:himmelan:20210622000127j:plain

 

このように配置すれば、低い角度の撮影でも、背景が切れることがありません。 

 

f:id:himmelan:20210621000143j:plain

背景を反らせて撮影した写真は、このようになっています。

これくらいの高さがあれば、写真をトリミングしても背景が切れることはありませんよね。

 

つまり、写真の背景は紙のようにしなやかに配置できる素材が望ましい、ということ。

その点クリアファイルなら、素材が柔らかいので、紙と同じように扱うことができます。

 

 

【写真No.23】 K18 ダイヤモンドリング 完成

 

f:id:himmelan:20210620232029j:plain

 

今回はゴールド背景の作成をしましたが、カラークリアファイルなら、重ね方次第で様々な色を生み出せそうです。

 

この写真では100均の安いクリアファイルを利用していますが、ネットを検索するともっと様々なクリアファイルがあります。

模様のあるクリアファイルもたくさんあるので、組み合わせ次第ではどんな背景でも作り出せますよね。

 

 

クリアファイルは、今後も大活躍しそうな予感です。

 

撮影商品&使用道具

 

撮影商品

 

  • K18 ダイヤモンドリング 

 

使用道具

 

  • 四つ切画用紙
  • 卓上照明
  • ペンライト
  • 卓上鏡
  • 手鏡
  • カラークリアホルダー