お金をかけずに撮影するジュエリー写真

家にあるモノを駆使して美しい写真を撮影しよう!

【ジュエリー本No.19】「内科医が書いた「パワーストーン」で健康になる本」は占い本ですよ?

f:id:himmelan:20210520224311j:plain

 

今回紹介する本は、いつもほど「おすすめ」はしていないです。

なぜなら、読む人を選ぶ内容だから。

 

毛嫌いする人は、全然受け入れられない。

好きな人は、信心するように受け入れる。

そんな内容の本です。

 

 

宝石鑑定士という立場から見たパワーストーン

 

f:id:himmelan:20200708153324j:plain

 

本の紹介の前に、一言。

私は、宝石鑑定士として、断言していることがあります。

 

宝石に、パワーストーンとして語られるような、不思議な力はありません。

幸運を呼び寄せないし、恋人を作ってくれない。ましてや病気は治らないし、寿命は延びません。

パワーストーンでパワーを得ているのは、パワーストーンを利用して商売している人だけです。

 

なぜ断言するのかというと、私が宝石鑑定士を名乗っているからです。 

宝石鑑定士とは、科学的な見地から宝石を研究する職業です。

なので、その立場にある人間が、「宝石に不思議な力がある」と言うことは出来ません。

 

だって、鑑定士がそんなことを言ってしまうと、パワーストーンの効果に科学的な根拠があるように聞こえるでしょう?

 

もちろん、パワーストーンのすべてを否定している訳ではありません。 

ただ、考え方が少し違うんです。

 

力があるのは、宝石の方ではない。

パワーストーンを手にしたあなた自身の努力こそが、パワーストーンの力の根源だと考えています。

 

パワーストーンは願掛けのためのツールにすぎません。

願をかけたあなたがパワーストーンを見るたびに、意識・無意識関係なく、「努力しよう」と感じ、行動していた。

望みを叶えるためにあなたが本気で努力をしたから、願いが叶った。

 

どこか別のところから、未知のエネルギーを得たのではありません。

あなたが、望みを叶えるために自分で頑張ったんです。

 

「内科医が書いた「パワーストーン」で健康になる本」とは

 

f:id:himmelan:20210507141918j:plain

 

私のパワーストーンに関する考え方を前提に、「内科医が書いた「パワーストーン」で健康になる本」を紹介していきます。

 

タイトルから見ても分かるように、この本は内科医の先生が書いたものです。

だから、科学的な見地からパワーストーンにある効力について解説する本、だと思ってしまいますよね。

トルマリンの静電気が体に与える影響は~、とか。

 

でも、この本の内容は全然違います。

パワーストーンには未知なる力が存在し、科学的に証明できないが、パワーストーンに触れることで様々な病気が治る。

乱暴な説明ですが、このような内容のことが書かれた本です。

 

実際に、この先生が担当された患者さんがパワーストーン療法(?)で治った、などの経験談もあるので、全てが眉唾ではないと思います。

でもタイトルにある「内科医が書いた」という一言が、どうしてもシックリこないんですよね。

 

私はそんなモヤモヤした気持ちを抱いたまま、「内科医が書いた「パワーストーン」で健康になる本」を読みました。

そして、読み終わってからあることに気づいたんです。

 

パワーストーン関連書籍は占いの本

 

f:id:himmelan:20200519160235j:plain

 

「内科医が書いた「パワーストーン」で健康になる本」を読み終わり、気づいたこと。

それは、パワーストーン関連書籍は、本屋さんの占いコーナーに置いている、という事実です。

 

つまりこの本は、占い本なんです!! 医学本じゃない。 

初めからこの本は、占い本の棚に並んでいたんですよ。

なのに、私は「内科医」という言葉から勝手に本の内容を妄想し、勘違いしていた。

 

そう思うと、何だかすっきりしました。

要は、「内科医が書いた「パワーストーン」で健康になる本」は、医者が書いた占いの本なんですよね。

だから、本文中に「輪廻転生」とか「宇宙からのメッセージ」とか、そのような内容が出てくるんです。

 

科学的な内容や、医学本にそんな言葉か書いてあったら、とても怪しい内容になります。

でも、占い本にはそんな言葉入っていても、問題ない。

むしろ、読者はそのような神秘的な内容を期待していますよね。

 

筆者の意図と違っても「占い本」と言う方が受け入れやすい

 

f:id:himmelan:20200620003705j:plain

 

おそらく、筆者はこの本を「占い本」として執筆したわけではないと思います。

ただ、私のようなごく一般的な人間にとって、この手の本は「占い本」として読んだ方が受け入れやすいんです。

 

で、人並みには占い好きだと自負する私は、しっかりとこの本に占ってもらいました。
まずは自分の「本質数・運命数・個性数 」を割り出して、自分の持って生まれた宿命?のようなものを確認。
そして、私に相応しい宝石が何なのかも、ばっちり確認済みです。

 

筆者の意図とは違うかもしれませんが、医者が書く占い本で、あなたも自分に相応しい宝石を見つけてみませんか?

 

 

「内科医が書いた「パワーストーン」で健康になる本」

著者:堀田忠弘

出版社:マキノ出版