お金をかけずに撮影するジュエリー写真

家にあるモノを駆使して美しい写真を撮影しよう!

当ブログはプロモーションが含まれています

【写真No.3】真珠撮影での理想の映り込みを目指して

今回撮影した写真は、こちら。

 

f:id:himmelan:20200612233833j:plain

 

またまた、真珠です。

南洋白蝶真珠ペンダント。

今回の写真の主な目的は、映り込み

 

真珠の映り込み問題は、以前の記事の通りです。

 

 

jewelry-foto.hatenablog.com

 

 今回は、この映り込み問題を解消するべく、撮影していきました。

では早速、今回の撮影の様子を見ていきましょう。

 

 

使用した道具は、卓上照明とA4用紙+α

f:id:himmelan:20200612234604j:plain

 

今回は、今までで一番道具を使用しない撮影でした。

撮影時の様子は、こんな感じです。

白いA4用紙の上には、半透明の白板を置いたのですが・・・

・・・・・・?

 

被写体も何も見えないので、概要説明を↓

 

f:id:himmelan:20200612234609j:plain

 

赤い四角が半透明の白板、黒丸あたりに被写体があります。

 

半透明白板とは、無印良品で買った卓上ミラー(ポリプロピレン製)です。

紙よりも光沢があり、ツルツルした面よりもマット感がある

そんな特徴を生かし、照明の光をぼかす為に使用しました。

 

そんなことよりも。

 

白箱も鏡もない状態での撮影です。

真珠の映り込みはどうなるのか!

 

真珠の映り込みは周囲の様子

以前の記事でも、真珠は周りの様子が映るから厄介だと述べました。

なので、今回はあえて周りに何も置かないことで、「周りの様子」そのものを無くすことに。

まず、白箱も含め周囲に何もない状況を作ります。

撮影する私の手には、真珠と同じ色の白手袋を。

 

そうして撮影できた写真は、思った通りほとんど何も映り込みません!

 

f:id:himmelan:20200612233840j:plain

 

真珠を拡大してみましょう。

 

 

f:id:himmelan:20200613000026j:plain

 

真珠の一番外周りをぐるっと囲う白の正体は、背景の白

中央の真っ白に映ったものは、照明の光

そして、背景と照明の間の黒い部分が、今回映り込んだ「周囲の様子です。

 

中央右側に、窓と撮影している私の手(白手袋)が映っていますね。

カメラは、中央の照明の光に出来るだけ隠れるように位置取りしました。

でも他に映っているものもなく、全体にすっきりした真珠が撮影できました

 

最後に私が存在した痕跡を消す

f:id:himmelan:20200613125808j:plain

 

ゴルゴ〇3?

いえ、加工の話です。

 

映り込みの修正の前に、全体の明るさと色調整をします。

今回は真っ白に写したかったので、カメラのホワイトバランスを弄りました。

ところが、PCで見ると「白」が「青」く映りすぎていました。

 

そこでいつもの黄色味消しの色修正とは逆に、青味消しの修正を。

を足して、を引く=写真に黄色味を与える

すると、背景が自然な感じの白になりました。

 

次に本番の、真珠に写りこんだ私の消去です。

PictBearのツールの一つ、クローンブラシ」を使用して余計なものを消していきます

クローンブラシとは、画像の一部分を別の場所に塗ることが出来る機能。

他の画像編集ソフトにもあり、使い方自体はどれも大差はありません。

消したい箇所のすぐそばでコピーして、コピーした画像で消したいものを上から塗りつぶす。

 

クローンブラシの使い方のコツは、線で塗りつぶすのではなく、点で塗りつぶすこと。

一度に沢山消そうとすると、どうしても不自然になります。

少しずつ、少しずつ、不自然にならないように不要な箇所を消していきます。

 

f:id:himmelan:20200613000705j:plain

 

はい、消えました。

 

けれど、クローンブラシは多用すると写真が不自然になるので、あまり好きな機能ではありません。

今回は、目的である「真珠撮影の理想の映り込み」に近づける為に利用しました。

 

No.3 南洋白蝶真珠ペンダント 完成

f:id:himmelan:20200612233833j:plain

 

今回は、私の中の理想の映り込みを表現する為に、撮影+加工を行いました。

お手本にしたのはこちら。

 

 

二度目の登場「Japan Precious」2020年夏号

この雑誌の25pに登場している、MIKIMOTOの商品写真を参考に頑張りました。

 

jewelry-foto.hatenablog.com

 

この出来では、参考にしたと言ったら叱られそうですが。

 

撮影商品&使用道具

 

撮影商品

 

<Pt900製 南洋白蝶真珠ペンダント>

  • SOP(south-ocean-pearl=南洋真珠の略です)珠:11-11.9mm ドロップ珠(変形)
  • ダイヤモンド:0.25ct

 

使用道具

 

  • 卓上照明
  • A4コピー用紙
  • 無印良品卓上ミラー(ポリプロピレン製)